父島(小笠原諸島) 旅行・観光ガイド ブログ

父島 南島・ハートロック・巽湾・初寝浦

スライドショー

当サイトに“お手頃価格”で広告を掲載しませんか?詳しくはこちら (別窓で開きます)

南島へ向かう

父島を反時計回りに周遊するパパヤマリンスポーツさんのツアーに参加しました。

出発したMissPAPAYA
二見漁港を出発し、南島方面へ向かう。

パパヤさんには何度かお世話になりましたが、大型高速艇「Miss PAPAYA」の乗り心地はなかなか良いです。キャビンもありますが、後部に座って海風を受けるのがお気に入り。二階席もあります。

MissPAPAYAの船内

ミスパパヤの二階
二階にも座席がある。
父島の海岸
船内から父島の海岸線を眺める。
海から見た小港海岸
小港海岸、コペペ海岸あたり。

まずは、景勝地として人気のスポット、南島です。

私が訪れた時期は、ちょうど入島禁止期間で、船を接岸しての上陸は禁止。例外的に、扇池から泳いでの上陸が認められているため、扇池に向かいます。

南島の全景
南島に近づいていく。
南島の断崖絶壁
南島の周囲は、切り立った崖になっている。

来る者を寄せ付けないような高い崖に囲まれた南島。ようやく扇池に抜ける大穴に到着しました。なるほど、ここから泳いで上陸するわけですか。

南島 扇池の穴
扇池に抜ける大穴。

と、ここでパパヤのガイドさんが、「波が高くて危険なため、上陸は中止です」とのご判断。まあ危険なのであれば仕方ないですね。ということで、南島はスルーして次へ。

泳いで南島上陸
当日は波が高く危険なことから、南島上陸は中止に。
南島の崖
南島の南端。

ちなみに、上陸禁止期間で無ければ、「鮫池」という場所から徒歩での上陸が可能です。こちらは、泳がなくて良いので濡れません。

南島 鮫池
通常の上陸ツアーで利用する「鮫池」。当日は上陸禁止期間だった。

ハートロック(千尋岩)

残念ながら、南島は上陸できませんでしたが、気を取り直して、次はハートロック(千尋岩)です。

父島 飛磯崎
南島を離れる。

飛磯崎を過ぎると、徐々に、ハート型の奇妙な岩が見えてきます。

ハートロックに向かう
ハートロックが見えてきた。
ハートロック 遠景
遠くから見たハートロック(千尋岩)。
ハートロック(千尋岩) 正面
正面から見ると、確かにハート形に見える。

自然の造形とは思えない、良くできたハート型。そしてなぜかそこだけピンク色。しかし、近づくと大きさはそれなりで、岩というより山ですね。

ハートロック 下から
近づくとその大きさを感じる。

ハートロックに登るツアーもあるらしいですが、「あそこに登っても、(ハート型かどうか)分からない」と言っていました。眺めは良いそうです。

巽湾・初寝浦

ハートロックを通り過ぎると、父島の東側です。

まずは、巽湾と呼ばれる場所です。

巽湾
巽湾と呼ばれるエリア。

この辺りは未開の地で、一応登山ルートは確保されつつも、かなり熟練した人でないと危険だそうです。

巽湾の入口にある巽島は、無人島です。

巽島
巽湾の入口にある巽島。

続いて、初寝浦海岸。江戸幕府の命令で父島に来島した調査団が「初めて寝た」海岸ということで、その名が付いたそうです。

初寝浦
初寝浦は山に囲まれた海岸で、都道から歩道が整備されている。

初寝浦へは、一応、遊歩道が整備されているらしいのですが、かなり高低差があり、険しい山道だそうです。よほどの物好きで無ければ、普通は避ける場所だと思います。

初寝浦付近
初寝浦を通過し、兄島方面へ向かう。

父島からは割と距離がありますが、東島も見えます。

東島
遠くに見えるのは、無人島の東島。
兄島
兄島が見える。

兄島が見えてきたところで、船は左へ方向を変えます。この先は、兄島瀬戸になります。

次のページ:「民宿 グリーンヴィラ」

探索日
2012/11/20 - 25
このレポートの目次