飯山温泉の元湯旅館(厚木市)に泊まった

飯山温泉の元湯旅館(厚木市)に泊まった

家族旅行で厚木市にある飯山温泉に行ってきました。

飯山温泉は、本厚木駅から送迎バスでアクセスできる都心に近い温泉郷です。「東京の近場に、こんな温泉があったのか」と思わせる、まさに隠れた温泉郷で、都心からなら箱根の約半分の時間で行くことができます。

厚木 飯山温泉「元湯旅館」
今回宿泊したのは「元湯旅館」。本厚木駅から送迎バスがある。

東京のベッドタウンである本厚木駅を出発した送迎バスは、ぐんぐん山の中へ入っていき、気づいたら山に囲まれた鄙びた風景になっていました。温泉街というほどの街は形成されておらず、山間にぽつぽつと温泉旅館が並んでいる程度です。

今回宿泊したのは、「元湯旅館」。幹線道路からは、少し細道を下った小鮎川沿いにあります。立派な門構えの前には、巨大なたぬきの像が建っていました。元湯旅館では、「たぬき」が一つのテーマになっていて、敷地内でたびたび登場します。

飯山温泉 元湯旅館 玄関
門をくぐると、本館までの長いアプローチがある。

正門を抜けると、植栽に囲まれた美しい庭園が広がります。元湯旅館は、いくつもの“離れ”が合わさった構造になっていて、旅館の敷地内でありながら、まるで家々が建ち並ぶ町のようです。飯山温泉では、最大規模の旅館とのこと。

飯山温泉 元湯旅館 敷地内
敷地内には、いくつもの「離れ」が建ち並ぶ。

敷地全体が周囲より低くなっていることもあり、街や道路の喧騒から隔離されていて、非常に静かな空間になっています。まさに、隠れ家という言葉がぴったりです。

厚木飯山温泉 元湯旅館 本館
受付がある本館。

本館で受付をしたら、部屋へ案内されます。各部屋は離れているため、一度本館の建物を出て、外の通路を歩いていきます。

飯山温泉 元湯旅館 たぬき
たぬきの置物。かわいい。
厚木飯山温泉 元湯旅館 たぬきの像
浴場の前に建つたぬきの像。

ちなみに、あちこちに建つたぬきの像ですが、これらは、元湯旅館に伝わる「たぬき伝説」に由来しています。詳しくは、公式サイトに記載がありますが、かつて娘を亡くしたタニシ捕りが、たぬきの導きによって温泉を掘り当てたという話だそうです。

元湯旅館 飯山温泉 廊下
各部屋は離れていて、屋根付きの通路で繋がっている。

各部屋や大浴場が別々の建物になっているため、やや移動が面倒ですが、灯りに照らされた水路や池の脇を歩くのも乙なものです。お散歩気分で敷地内を散策するのも楽しいかもしれません。

元湯旅館 伊吹の間 飯山温泉
今回止まったお部屋。「伊吹」という名前がついていた。

通されたのは、「伊吹の間」というお部屋。2階建ての2階にあり、急な階段が高齢者にはやや不安ですが、部屋はかなり広かったです。

元湯旅館の部屋 厚木市の飯山温泉
4人で泊まっても広々と過ごせる客室。

16畳くらいの居間と広縁のほか、8畳くらいの部屋が別に付いていました。家族4人で泊まりましたが、けっこう広々と過ごせました。

元湯旅館 寝室 飯山温泉
居間とは別にこぢんまりとした部屋が付いている。
飯山温泉 小鮎川 元湯旅館
広縁からは小鮎川を眺めることができる。

広縁からは、そばを流れる小鮎川を眺めることができます。小鮎川は、元湯旅館のそばでちょうど蛇行していて、宿を囲むように川が流れています。5月なので、ちょうど鯉のぼりが出ていました。

あつぎ飯山温泉 鯉のぼり 小鮎川
小鮎川に掛かる鯉のぼり。

部屋に居ると、山に響く生き物の声と川の音だけが静かに聞こえてきます。都心至近の場所で、これだけの自然に囲まれて過ごせるのは贅沢だと思います。

元湯旅館 小鮎川 厚木市
小鮎川に沿って散歩ができる。

元湯旅館のすぐ近くを流れる小鮎川には、徒歩で降りることができます。川に沿って舗装路が伸びていたので、祖父母を連れて散歩に出かけました。

元湯旅館 カルガモ
特定の時間になると、カルガモが集まってくる。

小鮎川の様子を見ていると、どこからかカルガモの群れが集まってきました。どうやら餌付けされているらしく、川の中に撒かれた餌を食べに来ているようでした。

人間がかなり接近しても逃げることはなく、かなり人に慣れている様子でした。

元湯旅館 美人の湯
元湯旅館の温泉は「美人の湯」として有名。

元湯旅館では、2003年に温泉の掘削を行い、全国でもトップレベルの強アルカリ泉が湧出し、「美人の湯」として話題になったそうです。

男湯と女湯は時間によって入れ替わりますので、どちらのお風呂にも入浴できます。このうち「たぬき風呂」と名付けられた浴場には、たくさんのたぬきの置物が並び、独特の雰囲気を醸し出していました。

飯山温泉 元湯旅館の夕食 料理
山の幸と海の幸を使った美味しい夕食。

元湯旅館は、もとは料亭だったらしく、料理も格別です。敷地内には、宴会場として利用できる大広間もあり、家族客向けには、個室も用意されています。

丹沢の山の幸と、相模湾の海の幸を使った新鮮な食材が豊富に使われ、夏は鮎料理も人気だそうです。

都心から約1時間で、山里を旅した気分になれる飯山温泉 元湯旅館は、何度もリピートしたくなる素敵なお宿でした。

投稿日時

2017年05月02日


このカテゴリの目次