UMIMADO

制作年
2008

「UMIMADO(うみまど)」は、Flashで開発したシューティングゲームです。敵の動きや発生率の調整に2年余りの歳月をかけ、中毒性の高いゲームに仕上げました。また付加機能として、ウェブカメラから取得した映像をゲームの背景として表示することができます。

本作品は、大学の芸術祭で展示し、ご好評をいただきました。特にカメラ機能が親子連れに人気で、ゲームを通じたコミュニケーションの可能性を感じました。

カメラ機能を有効にした状態

作品紹介

ゲームの概要

向かってくる敵を避けたり撃ち落としたりします。敵に一度でも当たるとゲームオーバーです。敵の動きは次第に速くなり、数も多くなっていきます。ゲーム自体はエンドレスで、できるだけ高得点を取るのが目的です。

一度に撃てる弾の数は4発で、画面内から弾が消失すると復活します。公平性を考え、ゲーム中、ポーズできる回数にも上限を設けてあります。

レイヤー構造の説明図

ゲーム画面の構成

画面遷移

全体構造図

カメラ機能

画面右上のカメラボタンをクリックする(または「C」キーを押す)と、背景が青のグラデーションからウェブカメラの映像に切り替わります。

カメラ機能の使用例1

カメラ機能の使用例2