JellyPanic

制作年
2009

本作品は、落下してくるゼリーを積み上げていくアクションゲームです。加速度センサー付きの小型液晶デバイスを制作し、液晶画面を手に持って傾けるだけで、ゲームを操作できるようにしました。

ゲーム画面

  • JellyPanic ホーム

コンセプト

世代を選ばないゲーム

「JellyPanic」が目指したのは、どの世代にも“触ってみたい"と思わせる、新しいゲームの提案です。

液晶デバイスの内部

展示中の液晶デバイス

作品紹介

専用デバイス

センチュリー製の小型液晶に、加速度センサーとGainerモジュールを取り付け、液晶画面自体の傾きをゲームに反映できるようにしました。結果的に、キーボードやコントローラが必要なくなり、初めて触る人でも、直感的に遊べるようになりました。

液晶デバイスの内部

展示中の液晶デバイス

ゲーム内容

ゲームがスタートすると、ゼリーが1つ現れます。プレイヤーは、画面を左右に傾けることで、これを動かすことができます。画面上部からは、スプーンが一定の周期で落下してくるので、ゼリーがスプーンの直撃を受けないよう避けなくてはいけません。スプーン落下の合間に、時折ゼリーが落ちてくることがあります。これを上手く上に乗せることができれば、ゼリーが重なり、得点が入ります。

ゼリーが3つ重なった状態

スプーンが直撃した瞬間

獲得ポイントは、ゼリー獲得時の残り時間を元に換算されます。スプーンに当たると、獲得したゼリーが1つ消え、得点は半分となります。最終的に、ゼリーを4つ重ねることができればクリアで、ゲームは終了します。ただし、スプーンに3回直撃を喰らうと、ゲームオーバーとなり、その時点でゲームは終わってしまいます。

得点は、上位3位まで記録され、タイトル画面の「スコアをみる」から確認できます。

インターフェイス面では、前後左右の傾きだけで操作できるよう、各画面で工夫を凝らしています。例えば項目の選択では、項目内に現れる小さなゼリーを左に滑らせることで、確定操作を行います。

タイトル画面

ゲームオーバー時

スコア表示画面

展示会の様子

多摩美 芸術祭の様子1

多摩美 芸術祭の様子2

多摩美 芸術祭の様子3

多摩美 芸術祭の様子4

多摩美 芸術祭の様子5

多摩美 芸術祭の様子6

多摩美 芸術祭の様子7

多摩美 芸術祭の様子8

多摩美 芸術祭の様子9

多摩美 芸術祭の様子10

多摩美 芸術祭の様子11

多摩美 芸術祭の様子12

多摩美 芸術祭の様子13

多摩美 芸術祭の様子14

多摩美 芸術祭の様子15

多摩美 芸術祭の様子16

本作品は、多摩美術大学の芸術祭にて、実際に展示しました。当初の狙い通り、幅広い世代の方々が手にとって遊んでくださいました。